部分脱毛と全身脱毛

今や、女性のほとんどの人が脱毛の経験をお持ちではないでしょうか。

脱毛サロンでは、部分脱毛と全身脱毛とがあります。

部分脱毛は自分の脱毛したいところを脱毛する事で、全身脱毛は名前の通り、全身を脱毛します。

どちらの方が人気というのは、お店などによって違うようです。

各サロンによって、部分脱毛のほうがお値段的におすすめなど、様々です。

期間限定のキャンペーンなども脱毛サロンではよくありますので、色々と調べてみてください。

多いのは、初めは部分脱毛だったけれど、途中で全身脱毛に切り替えるというパターンです。

足や脇など人気のある部分脱毛をしてみると、脱毛のよさに感激して全身したくなる人が多いようですね。

今までの自己処理の必要がなくなって、お肌もキレイになるのですから、もっと色んな部位を試してみたくなりますよね。

初めは部分脱毛でも、途中から全身脱毛に切り替える事ができるサロンもあるようです。

やはりみなさん、最初の脱毛はお試しのような感じで始める人が多いのですね。

全身脱毛となると、時間も費用もついやしますので、いきなり始めるのに勇気がいりますよね。

脱毛でキレイになるのは分かっていても、とりあえず部分的にという人は多いはずです。

ですので、どちらかというと、部分脱毛から始める人の方が多いのかもしれませんね。

部分脱毛で色んな部位を選ぶより、全身脱毛をした方がお値段的にお得な場合もあります。

まずは自分がどこの部位を脱毛したいのかを決めて、サロンでカウンセリングをしてもらいましょう。

足にも、膝下、膝上、膝、足の甲~指など、細かくパーツ分けされています。

足の一部よりは足全部の方がお得な場合もあるかと思います。

脱毛の効果はどこも同じですので、迷われているのであれば、思い切って全身脱毛もいいかもしれませんね。

サロンの冷却ジェルについて

脱毛のサロンによっては、たまにジェルを塗っています。いわゆるゼリー状の物なのですが、あえて施術の前にそれを塗っているサロンも見られる訳です。

そしてサロンで施術を受けている方々の中には、未経験者も見られます。今までに一度も施術を受けた事が無い方も見られる訳ですが、その際にびっくりしている事例があるのです。

突然に冷たいジェルが塗られたので、閉口してしまっている事例もある訳ですね。そして、人によってはなぜそのジェルが塗られるのか、よく理由が分からないと考えているのです。

丁寧なサロンでは、ジェルを塗る理由は説明してくれます。中には例外のお店もある訳ですね。

ジェルを塗る理由ですが、純粋に火傷を防止する為です。そもそもサロンなどでは、フラッシュの光を使うことになります。それで人によっては、そのフラッシュの光などが皮膚と反応してしまう事があるのです。それで肌に対して何か悪影響が生じると良くないので、ジェルを塗っているお店もあるのですね。それを塗っておけば、肌に対してトラブルが発生する確率も減少するからです。

ただそのジェルが冷たいか否かは、正直お店によって異なります。確かに冷たいジェルを塗っているお店もあるのですが、そうでないお店も見られます。やや特殊なタイプのジェルを使っているお店の場合は、冷間が無い事が多いからです。

いずれにせよ、お店によってはジェルを使います。もしも不安があるなら、スタッフがジェルを塗る前に一声かけてもらうと良いでしょう。一声かけられば気持ちの準備が整って、びっくりする事も無いと思います。

妊娠時の脱毛

女性は美容に関心が高く綺麗でいたい、という意識は男性の比ではありません。そんな女性ですから例え子供を腹に身ごもっている時でも、肌の事が気になるのです。その一つには無駄毛があります。でも、妊婦の人が脱毛するのは注意が必要です。ここではその理由について解説します。

・妊娠中はサロンで脱毛できない

 子供をお腹に身ごもっている妊婦は脱毛エステを受ける事ができません。その理由は脱毛用のレーザーが母体やお腹の子供に影響するという事ではなくて、妊娠中に脱毛すると肌や体に負担になるからです。妊婦はホルモンのバランスが変化して、妊娠する前よりも肌がデリケートになります。ですから脱毛用のクリームやレーザーに体が過敏に反応を起こします。その事で肌トラブルを発症しやすいのです。この肌トラブルのリスクを考えて脱毛サロンでは妊娠中の人の施術は受け付けない事が一般的です。

・ワックス脱毛

 ワックス脱毛はその使用の方法から短い時間で一気に毛を脱毛できるのですが、一気に剥がす事で肌にダメージを与えます。その結果色素沈着やかぶれが起きる可能性があります。また、使い方を間違えると痛みや出血をする事もありますから、妊娠中の肌がデリケートな時は使用は控えておきましょう。

・脱毛クリーム

 脱毛クリームは強いアルカリ性ですから、敏感な妊婦の肌には刺激が強いです。そのため炎症を起こす心配があります。

妊娠中は使用は辞めておいた方が良いです。基本的は妊娠中は肌が敏感になっていますから脱毛はしない方がよいのですが、それでもどうしても除毛したい時にはカミソリを使うのも手です。肌を傷つけないように湯船に浸かって毛を柔らかくして、シェービングジェルとか石鹸、ボディソープなどの石鹸の上からシェービングを行うと良いでしょう。

剃った後は刺激が少ないローションやクリームで保湿をするようにしましょう。

脱毛効果が出るまでの期間

脱毛の成果が出るまでは、多少の期間を要します。少なくとも1ヶ月程度で効果が見られるものではありません。多少長い目で様子を見るのが良いでしょう。

ところで脱毛には、大きく分ければ2通りあります。施術を受ける方法と、自力ですね。後者のカミソリの方法などは、多くの方々にはなじみ深いです。その2つには共通点が1つあって、どちらも様子見が必要なのです。

まず前者の施術ですが、基本的には数ヶ月程度は様子を見るべきです。施術を受けたからと言って、数週間で効果が出るものではありません。

というのも体の毛には、ちょっと周期があるのですね。色々と生え替わりのサイクルがあるので、多少の時間を要します。

施術の効果が出る期間がどれ位かは、多少の個人差はありますが、半年が1つの目安でしょう。数週間での抜け落ちを期待するのは、ちょっと気が早いと思います。

それと後者の自力の方法を、やはり長い間様子見が必要になります。とりわけ家庭用の脱毛機器などは、ちょっと時間を必要とします。

それがどれ位になるかは、正直マシン次第ですね。高性能なマシンなら、かなり短期で毛の抜け落ちが生じます。中には2ヶ月前後で効果が発揮される事例もあります。逆にもう少し期間を要するマシンもあるので、正直言って商品次第でしょう。

ただ前述のお店による脱毛に比べると、総じて期間は短い傾向があります。短期での効果を期待するなら、家庭用脱毛機器がベターだと考えます。

全身脱毛は女性専用サロンで

それに、スタッフに恥ずかしい悩み相談をすることもあるでしょう。

女性同士でも、恥ずかしい部分を見られること、恥ずかしい相談をすることには、抵抗があることもあるでしょう。

それを男性がいるサロンで施術を行うとなると・・・

男性に聞こえるかも知れない場所で恥ずかしい相談をするとなると・・・

出来るだけ、このようなことは避けたいものですよね。

なので、女性専用サロンの方がお勧めです。

男性客のいるサロンでは、リラックスして施術を受けることは出来ません。

ここで、「女性専用でないサロンなんてあるの?」と思う方もいるでしょう。

基本的には、エステサロンであれば、ほとんどの場合、女性専用サロンです。

スタッフも、女性であることが多いでしょう。

それでも、油断は禁物です。

もしかしたら、男性も入れるサロンと言うこともあるかも知れません。

「女性専用サロン」とホームページなどに書かれていない限りは、スタッフに電話で確認したり、カウンセリングで様子を見てみるのが良いでしょう。

それから、脱毛を受けられる場所には、クリニックなどの医療機関もありますよね。

クリニックなどでは、男性客がいることもあるかも知れません。

男性の医師が、施術を担当することもあるかも知れません。

「女性スタッフが担当してくれれば、男性スタッフや男性客がいても平気。」なんて言う訳にもいかないですよね。

確認するにも勇気がいるでしょうが、施術のために定期的に考えると、カウンセリングまでに確認した方が良いでしょう。

  • 男性のスタッフがいるかどうか?
  • 男性客も入れるクリニックかどうか?

聞かなくても、カウンセリングの時に、分かる場合もあります。

でも、事前に電話確認した方が、時間の無駄は避けられます。

ワックス剤の脱毛のリスク

脱毛の方法の1つに、ワックスがあります。欧米諸国の方々がよく用いている方式です。

ワックス剤は、体毛を引き剥がしてくれる効果があります。やや特殊なシートに対してワックス剤を塗り、体毛が生えている箇所に張り付ける事になるのです。それで垂直方向に引き剥がす事によって、体毛を除去する方法になります。

ところで、そのワックス剤は自作をする事も可能です。実は欧米諸国の方々が使っているワックス剤は、天然成分を用いているのです。肌に対する影響が懸念されるので、マイルドな成分を用いている訳です。

それも非常に身近な成分で、砂糖やレモン汁などです。とても身近な食材などから簡単に作る事ができるので、しばしばワックスを自作している方も見られます。

自作のワックス剤による脱毛は、価格に関するメリットはあります。薬店などで販売されている脱毛ワックスに比べると、価格も低めになる事が多いからです。ですので節約を考えている方などは、自作のワックスを使っていることもあります。

ただし自作物の場合は、火傷には注意を要するでしょう。いわゆる加熱をしてそのワックスを作ることになるので、一歩間違うと火傷をしてしまう可能性があります。ですので、ある程度冷ましてからワックスを用いるのが望ましいです。

ちなみに市販されているワックスの場合は、特に高温になっている事もありません。どうしても火傷が心配な時には、市販のワックス剤を用いる脱毛が無難でしょう。

全身脱毛の部位

 実際には、全身脱毛に含まれている箇所に応じて組み合わせて脱毛ができるようになっています。たとえば、おしり、背中、胸という組み合わせや、おなか、おへそ周り、VIOラインの組み合わせ、足の太ももと膝から下の組み合わせ、腕全体と鼻下、ワキの組み合わせというふうに、実にいろんな組み合わせがあるんです。

 こうしてみるとワキ単体のコースなどに比べると、一度に数箇所まとめてできるのでとても効率がいいですよね。このように組み合わせることで、全身脱毛が1年から2年の間に全部完了するわけです。組み合わせができないと、何年もかかってしまいますもんね。

 全身脱毛のプランって、脱毛したい箇所がたくさんある人にとっては本当にうれしいプランだと思います。思いっきり納得するまで脱毛することができますし、まとめてすることで短期間で終わらせることができるので、スッキリすることでしょう。

 早く脱毛が完了してほしい箇所からしてもらうのもいいと思います。ワキやVIOラインは早くきれいになりたいという人多いです。後は、夏が近づいてきていると背中や腕なども早く済ませたいと思い始めます。

 全身脱毛は、予想以上に部位を細かく分けているので、自分の気になっている部位もあるに違いありません。一気に全身脱毛をして、すべすべな肌を自慢したくなりますね。彼氏や旦那さんが惚れ直しちゃうなんてこともあるかもしれません。きれいになった自分を想像して、全身脱毛がんばりましょう。

レーザーでVライン脱毛

脱毛の専門機関での脱毛は、勇気がいると言いますか恥ずかしさが先に立つために中々前向きに考えられません。
また、脱毛を決めたときに出来れば「二度と通いたくない」が本音でしょう。婦人科検診でも未婚の女性は、出来るだけ女医のいる病院に行きたいですから気持ちも解ります。
早く終わらせて恥ずかしい時間は少なくしたいのは皆さん同じ気持ちです。
非常にデリケートな部分ですから、クリニックや皮膚科のような医療機関を利用する方が安全や万が一の対処が早い事からクリニックでデリケートゾーンの脱毛を行う人もいます。
サロンはサロンの、クリニックにはクリニックの良さがありますので、比較の意味でクリニック脱毛をみていきましょう。
クリニックではレーザー脱毛を行います。
ニードル、レーザー、フラッシュ光の順に脱毛の永久性が高いので人気を二分しています。

<医療レーザーは痛いの?>
レーザーはフラッシュ光よりも毛根に与えるダメージが高いので痛みを感じやすいようです。
ビキニラインやデリケートゾーンは、粘膜やリンパ菅がありますからレーザーでなくても痛みは伴うのは普通です。
細かい脱毛に向いている事や、脱毛効果が高い事もありサロンよりも高額ですが、確実性と短時間処理、高い安全性を求めてVラインだけでなくデリケートゾーンの脱毛を行う人も増えています。
剛毛な人は、サロンでは時間が掛かったり満足出来ない人も少なくありません。
個人差もあるのでしょうが、医療機関だから痛みに対して細やかな配慮をして貰えるクリニックもありますし事前に耐えられるかもキチンとカウンセリングして貰えるのも不安を拭い去る医師だからとも言えますね。
サロンと違う点は、医師が脱毛を行ってくれるという点です。
やはり、医療行為を行っているクリニックの信頼性は高く評価されていますのでVラインだけでなく脱毛には欠かせません。
デリケートゾーンだからクリニックで脱毛したいといった考え方もありますし、出来るだけ永久性を求めるならばクリニックのレーザー脱毛は効果が高いとも言えるでしょう。

ほかには、脱毛ワックスでVライン脱毛する方法もありますのでチェックしてみましょう。

ニードル脱毛って何?

ニードル脱毛とはご存知ですか?

プローブという細い針を毛穴に挿入し、弱い電流を流して発毛組織を凝固させる脱毛方法です。

現在のレーザー脱毛が主流になる約10年前は、このニードル脱毛が主流でした。

ニードル脱毛は、1本1本毛穴に針を入れて脱毛するため、確実な脱毛効果が得られます。

また1度脱毛するとその毛根から毛の再発がしにくいので、永久脱毛性がとても高い脱毛方法だといえます。

そしてもう1つの大きなメリットが、黒い毛以外にも脱毛できるということです。

現在のレーザー脱毛、光脱毛は、黒い色素に反応して脱毛する方法なので、金髪や白、茶などの黒以外の毛には脱毛効果が望めません。

皮膚が日焼けしたり、もともと黒めの皮膚の方にも向きません。

しかしニードル脱毛だと、こういった毛や皮膚の色を気にせず脱毛ができます。

1本1本脱毛できるので、ヒゲなど形をデザインしながらの脱毛にも向いているといえるでしょう。

レーザーや光脱毛だと、1回の照射脱毛するポイントが広範囲になりますので、繊細なデザインは望めません。
ニードル脱毛のデメリットですが、時間がかかるということです。

1本1本の脱毛になりますので、どうしても時間がかかってしまいます。

この1つの毛穴に電流を流すという作業は、高度な技術が必要になりますので、その分費用もかかってしまいいます。

全身脱毛をした場合、レーザー脱毛の2倍はかかるといわれています。

そして弱いながらも電流を流して脱毛しますので、やはり痛いというデメリットもあります。

痛さの感じ方には個人差がありますが、ニードル脱毛を行う際に、麻酔をかけることも可能です。

今は主流ではないニードル脱毛ですが、組み合わせ方によっては効果的に行う事ができます。

何度かレーザー脱毛で脱毛を行い、残った産毛などをニードル脱毛で行うという方法です。

残った産毛程度なら痛みもそこまで感じないでしょうし、費用もそんなにかかりません。最後にニードル脱毛を行う事で、より永久脱毛性の効果が望めるでしょう。